資格seek TOP > シスアドseek TOP > 初級システムアドミニストレータとは
◆初級システムアドミニストレータとは
ITパスポート試験へ

初級システムアドミニストレータは、システムの利用者の立場から、情報技術に関する一定の知識・技能をもち、部門内又はグループ内の情報化をエンドユーザの立場から改善・促進することを目的とします。


◆役割と業務

利用者側において情報技術に関する一定の知識・技能をもつ者であり、担当する業務の情報化を利用者の立場から推進するために、次のような役割を果たします。

  • 現状業務における問題点を把握し、情報技術を活用してその解決を図る。
  • 必要とする情報システムの一部構築とその支援を行う。
  • 情報システムの提供者側に対する利用者の意見や要望を提起する。
  • 情報システムの運用環境とシステム利用環境を整備する。

◆期待する技術水準

利用者側において、担当する業務の情報化を利用者の立場から推進するため、次の知識・技能が要求されます。

  • 仕事の進め方を把握し改善策を考えるためのシステム思考能力、それを支えるDFD、ワークフローなどの手法やコンピュータの活用法に関する知識をもつ。
  • 情報システムの開発・利用について、ヒューマンインタフェース設計、テスト及びシステム運用に関する知識・技能をもつ。
  • パソコンやネットワークに関する基礎知識をもつ。
  • 業務において表計算ソフトやデータベースソフトなどのツールを操作・活用できる。
  • パソコン導入・運用・管理における実務的な知識・技能をもつ。
  • パソコンの様々な使い方やパソコン利用環境・オフィス環境に関する知識をもつ。
  • 情報化推進のための話し方・文書の書き方・ビジュアル表現方法に関する知識をもつ。
(参照:情報処理技術者試験センター

Sponsored Link

サイトマップ

シスアドseekメニュー シスアドとは 初級シスアドとは 上級シスアドとは シスアド試験概要 省庁・団体等 講座・専門学校一覧 シスアドサイト 受験生サイト シスアド求人 お役立ち シスアドライブラリー 情報処理技術者